]Project-Open[

各種機能の紹介

]project-open[ に用意されている「ワークフロー」、「工数管理」、「帳票作成」の機能について、概要を以下にまとめました。

1. ワークフロー

]project-open[ では、ワークフローを利用して、インシデントやタスクが現在どのような状態にあるのかを、イメージとして直観的に確認することができます。

このワークフローは、デフォルトで用意されているものを利用することもできますし、新たに業務に沿ったワークフローを作成することも可能です。

ワークフローは目的に合わせて、プロジェクトやチケット、顧客情報、ユーザ情報などに紐付けて利用することができます。

 

・作成したワークフロー

01_workflow

 

・プロジェクトに紐付けたワークフロー

02_workflow-proj-s

上記の場合は、プロジェクトが現在どの状態にいるかを、ワークフローで確認することができます。

 

詳細については、以下の記事を参照ください。

 

 

2. 工数管理

]project-open[ では、メンバーが各業務に費やした一日の時間を記録することができます。
記録した時間は、プロジェクトの工数や、勤怠の管理などに利用することが可能です。

 

・あるメンバーの一ヶ月の勤務状況

03_timesheet-s

 

・一日の勤務時間を記録

04_add_timesheet

 

・休みの予定を登録

05_add_absence

 

・プロジェクトの工数レポート

06_timesheet-report-s

上記の場合、プロジェクトを起点に現在までに掛った工数を確認することができます。


・メンバーの工数レポート

07_timesheet-user-report-s

上記は、各メンバーがそれぞれのプロジェクトに掛けた工数を確認することができます。

 

詳細については、以下の記事を参照ください。

 

3. 帳票作成

]project-open[ では、見積書、請求書、納品書などの各種帳票を作成することが可能です。
これらの帳票は、以下のスクリーンショットが示すように、様々な方法で作成することができます。

 

・各種帳票の作成

08_finance-s

 

作成した帳票のアウトプットは、テンプレートや、]project-opent[ のプログラムを一部編集することで、自由にレイアウトを変更することができます。

 

・オリジナルテンプレートを利用した見積書

09_quote

 

・オリジナルテンプレートを利用した請求書

10_invoice

 

・オリジナルテンプレートを利用した納品書

11_delivery

 

詳細については、以下の記事を参照ください。

 

]project-open[ の各種機能紹介は以上になります。